平凡な景色のようなもの (1980)

画像


夜明け前にボクのクルマは街を出る。
行き先はいつもの舞子浜だった・・・

♪平凡な景色のようなもの (1980)

音源も1980年

妹のピアニカ(鍵盤ハーモニカ)を借りて音入れしたけど失敗だなこれは(笑)


-------------------------------------

ボクを放さないでくれ ほんの気まぐれな風に
どこかへ飛んで行ってしまいそうだから

いつの間にやら こんな愛の形が出来た
それはそれでイイけど 少し寒いね

緩いカーヴを描いて続く 海岸通りをボクの白いクルマ走り続けて・・・
やっとたどり着いたね5月の朝の海
君の肩を抱いて見上げる青空

こんな景色ならワタシと同じ
どこにでもいるようなフツーの女の娘

いつも君が言ってた もっとイイ娘がいるワ
ワタシなんかよりもずっと あなたの周りに

だけど放さないでくれ ほんの気まぐれな風に
どこかへ飛んで行ってしまいそうだから

潮風漂う時々の風 君の匂いを運んでくれる バニラのような・・・
浜辺のラインに沿って 歩こうよ少し
波の音と互いのぬくもりだけで~

ラララー

こんな景色ならワタシと同じ
どこにでもいるようなフツーの女の娘

だけど放さないでくれ ほんの気まぐれな風に
どこかへ飛んで行ってしまいそうだから

いつの間にやら こんな愛の形が出来た
それはそれでイイけど 少し寒いね 今日は・・・



・・・ ・・・ ・・・

-------------------------------------




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック