NSPのせいだったんです

アクセスカウンタ

zoom RSS カタスタシスの鼓動(ビート) 1981

<<   作成日時 : 2007/10/30 06:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
真夜中のドライヴが好きだったな、もちろんサイドシートは女性がいい(笑)
異性の匂いって心地よいものだ。

この歌は、詞と曲が同時に生まれた。

-------------------------------------

真夜中のしじまの渚に立って、叫んだ声波に消えたよ
幸せの意味さえわからない程、幸せだった無邪気な日々

一人で行く見知らぬ空の下へ

・・・ ・・・ ・・・

-------------------------------------

砂の上に書いた サヨナラ ってのがクサイけどね(笑)
まぁ、いいかぁ〜
とりあえずがんばって熱唱してるんで、どうぞ聴いてやってくださいませ。

♪カタスタシスの鼓動 (1981)

音源も1981年







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
聴いてますよ。
ギターうまいです。
録音もクリア。ミキシングもうまい。上手でないとあんなに録れない。
当時4トラックのデッキでも使ってたんですか?
ギター一本で作り込んでハモリのパートまできっちり録音できてるのは凄いです。
クリスタル、オレンジ、カタスタシス、このあたり何度も聴くと良いです〜。
この青年が今は薪焚いてるわけだ。
私でさえ遠い目になります♪
encored
2007/11/05 23:18
いつもアリガトーです。

褒め過ぎだなぁ、おだてに弱いからその気になっちゃうよ(笑)

当時は3ヘッドのカセットデッキと、2トラックのオープンリールで録音してましたね。 最初カセットで録るんだけど、3ヘッドのカセットの特性を使って、わざと生音ではなく録音後の音を流しながら録るわけです。
そうすると、テープエコーの原理と同じで実際の音とスピーカーから流れる音に僅かな時間差が出来て、それをまたマイクで拾ってやるからエコーがかかる(笑)

問題は、そのスピーカーの音につられてしまうことなんだけど、それを防ぐためにもう1つマイクで原音を拾って、その音をヘッドフォンでモニターしながら演奏するんですよ。

それで何とかチープな機材の割には、あんな感じのクリアーでエコーがかかった録音にできたという訳ですね。
エコーをかけるためには時間差スピーカー音量はどうしても大きくせざる負えないから、ヘッドフォンしてても、やっぱしテンポがずれたりしてますけど、それはご愛嬌ということで(笑)
ぺんぺん草
2007/11/07 11:13
つづき・・・

そのあとカセットの音源を流しながらオープンで録るものだから、バックコーラス等はエコーがかからない(笑)

数年後4トラックのカセットデッキを買って録音始めたけど、あのテープ幅を4つにと言うのは無理があって、やっぱしてんで話にならない音でしたね。 エコーもテープエコーが当時高くて買えず、安価なデジタルのエコー機材で、4トラックカセットとの組合せは最悪でしたが、録音作業が簡単だったので仕方なく使ってました。
このあたりの音源もその内出てきます(笑)


>この青年が今は薪焚いてるわけだ。

そうそう、今では薪焚きオヤジですものねぇ〜(笑)

ぺんぺん草
2007/11/07 11:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
カタスタシスの鼓動(ビート) 1981 NSPのせいだったんです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる